読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AQOL

「あとひれ・クオリティオブライフ!」他人の時間ではなく自分の時間を生きる。目指すぜ!QOL100%。

人生に役立つ○○なコトとは?五日市剛氏・柴田章吾氏・河村武明氏から学ぶ。【偉人に学ぶシリーズ】

五日市剛さん

f:id:atohire:20151128065828j:image

「ありがとう」「感謝」の素晴らしさを話し続ける五日市剛さん。

工学博士号取得し、一流企業に就職。独立事業も成功。そして現在、企業経営の傍ら、6社の研究顧問を務める研究者である。

 

五日市剛さんで出会ったユダヤ人のおばあちゃんが教えてくれたツキを呼ぶ魔法の言葉

「心の持ち方って大事よ。だけど、もっと大事なのはね、言葉の使い方なの。どんなことを口に出すかで、あなたの目の前の状況が変わってくるし、あなたの心も変わってくるの。本当よ」
 
 
嫌なことがあったら「ありがとう」
良いことがあったら「感謝します」
 
 
「あなたがこの魔法の言葉を忘れずにいたら、これから先の人生がガラリと変わるわ」
 
日本に帰った五日市さんは、おばあさんに教えてもらった魔法の言葉を実践し、彼はツキっぱなしになったとのことです。
 
 
私も嫌な事があったとき、嫌な電話が来た時も「ありがとう」を呪文のように何回も唱えている。不思議と対したことなかったりする。この言葉に出会えてよかったと思う。
 
さらに詳しく知りたい方はこのサイトでブログをチェックしてみてください。
 
 

柴田章吾選手(元巨人) 

f:id:atohire:20151128065704j:image
 
柴田章吾選手は小学生リトルリーグで日本一、中学では全日本選抜に選ばれるなど将来有望な選手だった。
 
中学3年生に突然難病ペーチェット病に患い野球ができなくなる。失意のどん底で「ツキを呼ぶ魔法の言葉」との運命の出会い。
 
「ありがとう、感謝します」という言葉で病気が治るわけではない。それでも病院のベッドで激痛に襲われた時にワラにでもすがる思いで患部をさすり「ありがとう」と言い続けたら痛みが消えたという
 
それから柴田章吾選手は「ありがとう、感謝します」を実践する。
 
 
 

河村武明さん

f:id:atohire:20151128065711j:image
 
五日市剛さんの講演会では必ずといっていいほど話題となる素晴らしいお話。
 
若くして脳梗塞となり重度の障害がありながらもアーティストとして活動。
 
もっともビックリしたのは右手麻痺、言語障害、聴覚障害、失語症などの障害などを抱えながら「病気になってありがとう」とおっしゃっていたことだ。その理由にいては次のURLでチェックして見てください。
 
 
ありがとうの階級
誰かに何かをやってもらった時ありがとうを言うのが初級
 
嫌な事、苦しいとき、病気さえもありがとうと言えるのが中級
 
何もない普段の生活にもありがとうと言い続けられるのが上級
 
河村 武明
 
 
 

最後に

ありがとうって本当素晴らしいですよね!
 
 
話は飛びますが、五日市剛さんはざしきわらしで有名な金田一温泉・緑風荘(現在再建中)のご親戚であられる。ざしきわらしをもじって「座敷ワラビーちゃん」というぬいぐるみ(五日市さんのお知り合いの方が制作)があり、私もとてもかわいかったので通販で購入発注した。
 
f:id:atohire:20151108205733j:image
 
そんな時あの3.11 東日本大震災が・・・。
被災県ということもあったからでしょう、1個しか購入していないのに段ボール2箱分送って頂いたんです。(もちろんお代は1個分です)本当びっくりと感動でした。
 
私個人がこんなに持っていてもしょうがない。
直観的に思ったのは「仮設住宅へ届けよう」だった。被災された方がざしきワラビーちゃんを手に取ってほんの一瞬だけでもいいから安らぎをと思ってのことだった。
 
早速、2011.5月に岩手県陸前高田のある仮設住宅に持って行った。いまでもひょっしたら誰かが持っているかもしれない。どこかのタンスの上にでもひっそりとその方を見守っているかもしれない・・・。
 
その3か月後、被災地へ呼ばれるように復興支援の仕事に就くのだった。これは偶然か・・・。