読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AQOL

「あとひれ・クオリティオブライフ!」他人の時間ではなく自分の時間を生きる。目指すぜ!QOL100%。

偶然?必然?恐山に向かったわけとは!?そこには驚愕の事実が・・・。

不思議 奇跡 スピリチュアル

2014年6月27日恐山に行った。

なぜ行こうと思ったのか?

ただ「急に行きたくなった」それだけ

車で約300キロ、仮眠込みで約12時間かけ到着した。

恐山では我を忘れて約2時間歩いたり座ったり眺めたりしていた。
なんとも言えない純粋な気持ちになった。

どこか心地よいような、今まで感じたことのないような不思議な感覚でした。



恐山に行った本当の理由

私は2011年9月から3年間東日本大震災被災地で復興支援関係の仕事をしていた。

ここ被災地には全国から様々な方々がボランティアや復興支援で来られていた。その中に福祉関係のAさんという方が月一という頻度でわざわざ九州から来られていた。仕事を通してご一緒する機会があり知りあった。


その方はいわゆる"霊感"を持っている方で、私が恐山に行った事を話をすると・・・。ニヤリと

「あとひれさんには津波で亡くなられた方、3人くらいここから恐山にお連れしたのですよ」


愕然とした。膝から崩れ落ちた。
そんなことってあるのか・・・

確かに急な衝動に駆られ恐山へ向かった

恐山に行くまでとても大変でしたが、現地を歩いている時も怖さなど全くなく心地よさまで感じたほどだ。


最後に

私には霊感はほぼ無いのですが、1人ぼっちで寂しく片道300キロを十数時間かけて行ったのですが、いわゆる"1人ぼっちではなかった"ということだった。
自分にもそんな役割があったのかなぁ。とある意味嬉しくも思えた、なんとも不思議なお話でした。


【ピアノ曲】恐山にて~ - YouTubeyoutu.be