AQOL

「あとひれ・クオリティオブライフ!」他人の時間ではなく自分の時間を生きる。こころについて探求・高校野球をこよなく愛するブロガー。

天使を息子が目撃。空から降臨した謎の子供たち。〇〇したときだけ現る!?


天使 (てんし)とは【ピクシブ百科事典】

息子(当時4歳)が天使を目撃。しかも何度も天使を見ているというのです。


天使・・・神と人間の中間の霊的存在。神意の伝達者などと書いてありました。


果たしてそのようなものはいるのでしょうか?



息子の証言

息子はある公園で遊ぶのがとても好きでした。現れるのは決まってその公園、そしてあることをしたときにだけ現れるというのです。


天使はどんなときに現れるのか!?それは・・・
息子が公園で泣いた時にだけ現れるというのです。上からフワフワと浮かんだように現れ、格好は白い服で点々模様がたくさんあったらしいのです。


その天使は一人で現れる時、二体三体の複数で現れる時があったそうです。


会話はなく、フワフワ近づいてきたり離れたりを繰り返すらしいです。以外とリアルに見てますね。


当時から大分たった今でも息子に聞くと「ハッキリ見た!」答えます!今は全く見えないらしいけど笑。


ちなみにその公園は今でも存在してます。その土地に住み着いている天使なのだろうか?息子だから見えたのか?未だ謎です。今度公園遊んでいる子供達にリサーチしてみようかな。


何故子供の時だけ見えるのか?

幼少時にだけ見られるもの・・・座敷わらしやトトロなどが代表とされる。


小さい子供など誰もいないはずの所を指差し「ババがいる!」などと亡くなったはずの方のことを言うがよくある話。


何故子供の時だけ見えるのか?一応調べてみました。

1.子供はあの世とこの世の魂がまだ混じっているから説。
輪廻転生、人は生まれ変わるというもの。生まれ変わりの後すぐは魂が片足まだあの世にあるようなもの。だからこそ見える。逆に魂が今の身体に完全に入ってしまうと見えなくなる。


2.無垢であるから。純粋であるから。
子供は常識などのフィルターが無いから見えるというもの。成長するにつれて社会、人、テレビなどから固定観念が作られ、洗脳され、不思議な世界からはどんどん遠ざかる。


これは興味深いですな。

常識の眼鏡。

我々は作られた常識という眼鏡をいつ間にか掛けている。

その作られた常識眼鏡でどんどん大事な事が見えなくなっていき、見えなくてよいものばかり見えてきているのではないか?そして消耗していく。


真実とはなにでしょうか。この常識眼鏡を外したらどんな世界が見えるのでしょうか?


そんな素敵な天使の話をしてくれた息子には感謝をしている。そして信じている。