AQOL

「あとひれ・クオリティオブライフ!」他人の時間ではなく自分の時間を生きる。こころについて探求・高校野球をこよなく愛するブロガーです。

高校野球

【高校野球】過去4年「甲子園・夏の優勝校は選抜不出場の法則」。今年も有効なのか!?

2017年夏の甲子園、選抜優勝校・大阪桐蔭がまさかの敗退を喫した。全国的に見ても選手の実力、層の厚さは群を抜いており高校野球ファンの9割以上は「大阪桐蔭・春夏連覇」でかたまっていた。 【大会11日目/第4試合終了】仙台育英(宮城)2×-1 大阪桐蔭(大…

【高校野球】2018年智弁和歌山、最強説。100回大会・甲子園優勝候補4つの理由。

2018年智弁和歌山は最強だ。新チームは日本一を狙える。そう確信したのは2017年夏の甲子園、大阪桐蔭との試合を観てからである。 ファンの間で密かに囁かれている「2018年智弁和歌山最強説」。 来年は甲子園100回大会、この節目の大会にどこのチームも照…

【高校野球】甲子園と特攻隊に通ずること。特攻隊の影響を受けた強豪校とは。

8月15日は終戦記念日。毎年この時期になると甲子園では連日熱戦が繰り広げられ選手には涙と感動をいただいている。 こんにちわ高校野球をこよなく愛するブロガーあとひれ (@atohire) です。 本日、甲子園は天候不良で中止そして終戦記念日とあって、高校…

【高校野球】甲子園に出場しない学校にも熱いドラマがある!そんなドラマを教えてください!

こんにちわ、高校野球をこよなく愛するブロガーあとひれ (@atohire) です。 現在、甲子園では連日熱戦が繰り広げられ、熱すぎるドラマが台風のように巻き起こっております。日本の温度を更に暑くしておりやす。高校野球本当イイねーーー。 当ブログも高校野…

【高校野球】自主的な練習がいいのか?監督主導の練習がいいのか?現代の高校球児にマッチングしているのは?

高校野球の練習は時代ととも選手の自主的な要素を多く取り入れるようになった。沖縄の強豪校・興南高校は練習メニュー自体も選手の「練習メニュー係」が決めるそうだ。 一昔であれば考えられなかった選手の「自主的練習」果たしてどちらが時代にマッチングし…

少年野球・シャトル打ちを制する者は全国を制する。「絶対に甲子園に行くStory vol10」

自宅練習のひとつシャトル打ちを行って1年半が経過。現在小学4年、息子の打率は練習試合込みで4割ほど。しかしイチロー小学時代の打率はなんと5割8分だったそうです。さすがに上には上がいるものです。 もっと上を目指すためにこのシャトル打ちを継続し…

高校野球3人の名将飲み会に潜入!?西谷監督(大阪桐蔭)・高嶋監督(智弁和歌山)・馬淵監督(明徳義塾)。飲み会での会話を勝手に予想。

なんと西谷監督(大阪桐蔭)・高嶋監督(智弁和歌山)・馬淵監督(明徳義塾)今大会名将BIG3のお三方が全国高校野球大会抽選会後、食事に行ったという。翌日高嶋監督はこんなコメントをしている。 せめて“夜”は負けたらあかんと思って、この前の抽選会後、(…

全国大会目前で敗退・息子に手紙を書きました。「絶対甲子園行くSTORY vol9」

高校野球大会、最後の試合で敗退されたお父さん・お母さんはどんな精神状態なのだろうか?わたしはたかだか小学生の試合でショック過ぎて倒れそうになった。 この物語は息子(現小4)の夢・甲子園へ辿り着くまで(予定笑)の汗と涙の実話である。 〓憧れの甲…

ホームランを息子に!パパは清原和博になれたのか!?「絶対甲子園行くSTORY vol8」

パパは清原和博になれたのか!?あれが奇跡というのなら私はその時、持っていたとしかいいようがない。目の前でとんでもない「まさか」が起こったのだから。この話は実話である。 この物語は息子(現小4)の夢・甲子園へ辿り着くまで(予定笑)の汗と涙の実…

日本野球・型にハメたフォーム指導の是非。「絶対甲子園行くSTORY vol7」

この物語は息子(現小4)の夢・甲子園へ辿り着くまで(予定 笑)の汗と涙の実話である。 〓憧れの甲子園まであと8年6ヶ月。万が一甲子園出場が決まった場合、選手の名前を公表してしまおうという企画。 日本での投げる・打つのフォームについて 同じ方向性…

子供が自ら考える。バッティングは芸術。「絶対甲子園行くStory vol6」

この物語は息子(現小4)の夢・甲子園へ辿り着くまで(予定)の汗と涙の実話である。 〓憧れの甲子園まであと8年6ヶ月。万が一甲子園出場が決まった場合、選手の名前を公表してしまおうという企画。 チームが強くなくても目標さえあれば成長できる。 ちょ…

インサイダーバットで正しいスイングを1週間で身につける。「絶対甲子園行くSTORY vol5」

インサイダーバット。このバットは革命的かもしれない。 この物語は息子(現小4)の夢・甲子園へ辿り着くまで(予定)の汗と涙の実話である。 〓憧れの甲子園まであと8年6ヶ月。万が一甲子園出場が決まった場合、選手の名前を公表してしまおうという企画で…

ど素人親の指導ほど怖いものは無い。「絶対甲子園行くSTORY vol4」

この物語は息子(現小4)の夢・甲子園へ辿り着くまで(予定)の汗と涙の実話である。 〓憧れの甲子園まであと8年6ヶ月。万が一甲子園出場が決まった場合、選手の名前を公表してしまおうという企画である。 バッティングの調子が悪くなった決定的な理由 〇…

「絶対甲子園行くSTORY」期待された世代、初戦まさかのコールド負けの巻。必殺!三角打法!vol2

この物語は息子(現小4)の夢・甲子園へ辿り着くまで(予定笑)の汗と涙の実話である。そして野球素人の父親が息子をどこまでサポートできるか!?を書きたい。 バッティングの不調 先日のバッティングをみて正直ガッカリした。練習では打ち損じが多く、ゴロ…

「絶対甲子園行くSTORY」少年の夢・憧れの甲子園 vol1

この物語は息子(現小4)の夢・甲子園へ辿り着くまで(予定笑)の汗と涙の実話である。 〔憧れの甲子園まであと8年6ヶ月。甲子園出場が決まった場合、選手の名前を公表するという企画である〕 わたしは息子の追っかけで土日が潰れようとも構わない。なぜこ…

少年野球・友達に裏切られた体験は大きな力となる。「絶対甲子園行くSTORY vol3」

子供時代、友達に裏切られた経験ってありますか?そんな息子のお話。 この物語は息子(現小4)の夢・甲子園へ辿り着くまで(予定)の汗と涙の実話である。〓憧れの甲子園まであと8年6ヶ月。万が一甲子園出場が決まった場合、選手の名前を公表してしまおう…

白根尚貴(DeNA)初ヒット初HR!痩せた島根のジャイアンようやく開花宣言!

DeNA 白根尚貴 プロ初安打がレフトへの2ランホームラン!! 13-5第1号 vsオリックス 6月17日 pic.twitter.com/z4Es0gEh88 — Deファン (@DeNA_2017) 2017年6月17日 白根くんのホームランで泣き、ヒーローインタビューで泣き、自分、結構白根くん好きだっ…

「全国高校野球」2017年・夏の甲子園優勝校はこの4校から出る!?

2017年・全国高校野球選手権大会「夏の甲子園優勝校」を誰よりも早く予想してみた。春季野球大会も完全に終わっていない中、夏の甲子園優勝校を予想するのは時期早々である。この時点で優勝校を考えてみるのも高校野球・楽しみの一つと言っていいだろう。 ※…

桑田真澄が高校野球監督になったら!?桑田野球VS大阪桐蔭を見たくはないか!?

桑田真澄が高校野球監督。考えただけでもワクワクしてくる。 時代は進んでいる。野球も変わらなくてはならない。「球界の変化」をテーマに考えた場合、真っ先に思い浮かんだのが元巨人・メジャー経験もある桑田真澄だった。 PL時代、練習時間短縮を監督に直…

超異例!高校野球ナイター中継!清宮・早稲田VS日大三。AbemaTVが高校野球を変える!?

清宮打ったーーー!早稲田対日大三。高校野球ナイター面白すぎる!久々に興奮。高校野球の歴史が変わった日。 pic.twitter.com/VKfLzIMQMr— あとひれ (@atohire) 2017年4月27日 久々に高校野球に興奮している。 今何時?22時って!そうなんです。高校野球…

【高校野球】甲子園いつか無くなる!?野球人口激減問題に4つの提案。まずは親の負担を減らすこと。

このままでは甲子園だっていつかなくなるかもしれない。 時代は相当なスピードで進んでいる。たとえば数十年前のポケベルはいまやiPhoneである。iPhoneさえあれば仕事も遊びもなんでもできてしまう時代になった。 野球界はどうだろうか?なにか変化はあった…

選抜高校野球2017年・「春の甲子園王者予想」「選抜出場選手ホームラントップ10」「21世紀枠について」などまとめてみた。

いよいよ高校野球シーズン到来まであと少し。先日も仕事の合間に選手たちのいない雪の積もった花巻東グラウンドで 一服をするなどもうシーズンを待ちきれないでいる。 今年の選抜は例年になくヒーローが揃い盛り上がりを見せており、球史に残るような試合が…

【高校野球情報】センバツ2017年・ホームラン数ランキングトップ10

選抜まであと少し、楽しみで待ちきれない。なかでもホームランというのは野球の醍醐味、そして夢である。そんな今春センバツに出場する選手のホームラン数(8月新チーム発足~、公式戦・練習試合含む)でランキングをしようとおもう。 ※ホームラン数が同じ…

センバツ21世紀枠・過去3年間の戦績と高校野球ファンが期待すること。

先日ついに2017年春の選抜高校野球の32チームが決定した。あと少しで高校野球が観られる!今年はどんなドラマが待っているのだろうか!?高校野球は良くも悪くも波乱あってこそである。ドラマを超える熱いすぎるドラマに期待をしたい。 そんな中で気になる…

【高校野球】2017年・選抜高校野球大会。いまからワクワクさせる5つのこと。

あっという間の2017年である。あと3ヶ月もすれば野球シーズンの到来!いよいよ選抜高校野球の開幕である。作夏の甲子園が終わり新チームで挑んだ作秋の明治神宮大会では履正社(大阪)と早稲田実業(東京)が対戦し履正社が秋の日本一となった。春の日本一…

菊池雄星はメジャーで覚醒する!?「花巻東の魅力とは・・・ シリーズVol6」涼平さん俺たちを勝たせてくれ・・・

菊池雄星選手(西武・花巻東高出身)がメジャー直訴をしたというなんとも景気のいいニュースが飛び込んできた。2016年は12勝を上げ防御率は2点台、直球のスピードはMAX157キロでプロ野球左腕最速らしい。 菊池雄星来年メジャー直訴https://t.co/JXss8s97Se#…

【高校野球】選抜高校野球大会2017年・春の甲子園王者を予想してみる。

明治神宮大会は近畿代表・履正社(大阪)が優勝し秋の日本一に輝いた。2016年・高校野球の大きな大会は無事閉幕し、球児達はこれより冬を迎え、いよいよ来年最後のシーズンに備える。 時期早々なのは百も承知であるが、一足先に2017年春の選抜甲子園優勝を予…

【高校野球】明治神宮大会2016年・秋の王者を予想してみる。

いよいよ11月11日より明治神宮大会が始まる。まだ中国代表が決まっておらず時期早々であるが、秋の王者を予想してみようと思う。 引用:【記録】明治神宮野球大会|ベースボール北海道 ストライク 明治神宮大会2016・組み合わせ 引用:2016年 第47回明治神宮野…

大谷翔平VS菊池雄星でリーグ優勝!「花巻東の魅力とはシリーズvol.5」

花巻東野球部は秋季岩手大会で今夏甲子園ベスト16の盛岡大付属に準決勝で敗北も3位通過。来春の選抜がかかる東北大会へ無事コマを進めた。選抜への出場を目指し猛練習している事であろう。 そんな中、先週も花巻東関係のネタがたくさんありました。少し振り…

息子をプロ野球選手に!必要な5つのこと。大物野球選手の少年時代の共通点。

息子さんが野球をされている親御さんは誰だってプロ野球選手になって欲しいと願うものです。わたしも親バカでそんな夢を見ている一人。まあ今のうちは見させてくださいな。 しかし現実はかなり厳しいようです。なんでもプロ野球選手になれる確率(プロになれ…

花巻東やっぱええわぁ。「花巻東の魅力とはシリーズvol.4」

今日は久々に花巻東の試合(秋季大会)を見に行った。大の花巻東ファンなのだが、公式戦を見るのは昨年以来である。最近は息子達の野球に追われ全く持って見に行けなくなった。久しぶりに観戦させてもらったが、やっぱり花東野球は観てるこっちが気分がええ…

【野球人口減少問題】子供の野球離れではなく、親がさせないだけ。ではどうしたらいいのだろうか?

野球人口減少問題をリアルに感じている。野球は「日本伝統の歴史ある素晴らしいスポーツである」現在では大人気の日本ハムの二刀流・大谷翔平選手や毎年甲子園球場で行われる高校野球大会。この盛り上がりは決して野球熱が冷めているとは思えない。 しかし野…

【高校野球】2016年・甲子園で感じた5つこと。優勝は作新学院!

第98回全国高等学校野球大会が無事閉幕。優勝は江川卓の母校である栃木県代表の作新学院である。決勝戦、北海高校を7-1で圧勝しての全国制覇だった。 今年は前評判の高かったチームが地区予選で敗北。個人的に寂しい甲子園になると思っていた。 【関連記事】…

もし私が高校野球監督だったら!?漫画のようなオリジナルチームを作るべく10のこと。

高校野球を誰よりも愛している。例えピッチャーゴロでも1塁へ全力で駆け抜ける一生懸命な姿が大好きだ。崖っぷちのぎりぎりの真剣勝負、常に感動と隣り合わせである。 もし私が高校野球監督だったら?他のチームとは違った「オリジナル」に行きたい。愛して…

【高校野球】東邦高校奇跡の大逆転劇。甲子園を味方につけた3つの理由。

東邦高校がとんでもない奇跡の大逆転劇を演じた。青森代表・八戸光星学院戦9回まで4-9と敗色濃厚だったが、最大点差7点差をひっくり返しての大逆転サヨナラ勝ちを納めた。 個人的には第89回の佐賀北高校の逆転満塁ホームランでの甲子園優勝以来の大感動と…

【高校野球】鬼の形相・藤嶋健人(東邦高校)の魅力とは。

2016年夏の高校野球選手権大会が開幕しております。今年は各地区で強豪校の敗退も多く、清宮もおらず物足りない甲子園だなと思っていましたが、いやいやすごいヒーローがおられたじゃないですか!その名は愛知県・東邦高校の4番で投手・藤嶋健人選手です。 …

【高校野球】強豪校が次々敗退した5つの理由。

今年(2016年)は大阪桐蔭や清宮率いる早稲田実業など優勝候補の強豪校が次々と破れる波乱が起こった。2016年センバツベスト8の半数のチームがすでに敗退している。 優勝候補でありながら、これだけの強豪校が全国各地で敗退。 強豪校敗退一覧(7/25…

高校野球・敗退し夏を終えた高校球児のお父さん、お母さんへ。

現在、夏の予選が熱く繰り広げられております。特に3年生は最後の夏となり、敗退すると大部分の選手は野球人生に別れを告げる。 しかし選手だけじゃない! お父さん・お母さんにとっても人生の大きい区切りとなるのだ。 長い間お疲れ様でした。 戦っているの…

花巻東が敗退すると秋を感じる。「花巻東の魅力とは」シリーズvol.3

2016年高校野球・花巻東が初戦でまさかの敗退を喫した。春の県大会2位通過、東北大会ベスト4という間違いなく優勝候補の一角だった。しかし高校野球はやってみないとわからないもの。この敗北は本日のYahooニュースや話題のTweetにまで上がった。あまりにも…

清宮幸太郎(早稲田実業)は巨人に行くべき5つの理由。

現在高校野球で大注目されまくりの清宮幸太郎(早稲田実業)。リトルリーグ時代では約120本のホームランを打ち、高校1年の甲子園では3本のホームランを打ち早実をベスト4に導いた。 後から聞いた話だが甲子園期間中、親指を骨折しながらホームランを打ってい…

「プロ野球」這い上がって欲しい「5人のスーパー甲子園ヒーロー」

プロ野球楽しみの一つに「かつての甲子園のヒーローの活躍」があります。あのピカピカ輝いていた甲子園のヒーローが舞台をプロ野球に移してどんなプレーをするのか! しかしプロで活躍できるのはほんの一握りで甲子園のヒーローが必ずしもプロで成功するとは…

甲子園に憧れる理由って何だろう?甲子園が教えてくれたこと

野球も小学校しかやっていないド素人のわたしが未だに憧れる場所「甲子園」。どんなに頑張ってもどんなに努力してもあのグラウンドでプレーする事はできない。 先日、会社行事で大阪に。日曜日は自由行動で、会社の皆様はUSJや買い物などで大阪を堪能する中…

【高校野球】この高校野球監督に「息子を預けてみたい!」と思わせる5人を選抜してみた。

全国高校野球選手権大会・甲子園の代表校が決定し、開幕に向けワクワクして参りました。昨年甲子園ではタレントが揃いすぎた感はあるが、今年はどんなヒーローが誕生するのか非常に楽しみです。 甲子園を本格的に好きになったのは横浜高校・松坂大輔が春夏連…

【プロ野球】ソフトバンク工藤公康監督が伝授する「人生に大いに活かせる○○なこと」。【偉人に学ぶシリーズ】

「10年先の自分をつくる」という本を読んで、あまりのプロ意識の高さに驚愕しました。この本は監督就任前に発行されたものだが、今年ソフトバンク監督就任1年目で日本一なったことも大いにうなづけるような内容でありました。

感動!vol.2 花巻東高校野球部の魅力とは・・・

いまや甲子園の常連となった花巻東高等学校野球部。西武ライオンズの菊池雄星選手や日本ハムの大谷翔平選手・岸里亮佑選手そして今年のドラフトでも高橋樹也選手が3位で広島カープなどプロ野球選手を多く輩出している名門校である。 本日は花巻東シリーズvol…

【高校野球】花巻東高校野球部の魅力とは・・・。シリーズVol1

いまや甲子園の常連となった花巻東高等学校野球部。西武ライオンズの菊池雄星選手や日本ハムの大谷翔平選手・岸里亮佑選手などプロ野球選手を輩出している名門校である。 花巻東のファンになったのはおそらく菊池雄星世代からだ。選抜甲子園、決勝まで進むも…