読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AQOL

「あとひれ・クオリティオブライフ!」他人の時間ではなく自分の時間を生きる。目指すぜ!QOL100%。

コミュ障なのに営業マンのわたし。幸せになるために、コミュ障の生き方って!?

f:id:atohire:20170425233358j:image

 

わたしはコミュ障である

振り返れば小さい頃からコミュ障だった。

 

友達と遊びに行くのも苦痛だったし、修学旅行も嫌だった。そんなことより早く家に帰りたかった。

 

コミュ障とは

単語記事: コミュ障 コミュ障(こみゅしょう)とは、コミュニケーション障害の略である。 実際に定義される障害としてのコミュニケーション障害とは大きく異なり、他人との他愛もない雑談が非常に苦痛であったり、とても苦手な人のことを指して言われる。

 引用元:コミュ障とは (コミュショウとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

 

現在では飲み会が大の苦手で、苦痛の何者でもない。とくに接待などは最悪だ。盛り上げながら、話題を切らさず、気を使って飲まなければならない。こちらは必死で演じているが、おそらく「つまんねえな」という気持ちがどこかに出ているはず。

 

この世から「接待」などという言葉が無くなればいいのにと何度思ったことか・・・。

 

コミュ障で営業マンとか無謀やろ

f:id:atohire:20170426074652j:image

もう自分のアホさ加減には愕然としますね。

 

なぜにコミュ障なのに営業マンをやっているのか・・・。でもね意外とおるのよ、コミュ障っぽいのに営業マンや接客業をやっている人。

 

・光り物が嫌いなのに寿司屋さんで働くようなものでしょ。

 

・エクセルやワードが嫌い(できない)なのに事務員をするようなものでしょ。

 

・極度の方向音痴なのにタクシー運転手で働くようなものでしょ。

 

 

自分を把握しないで職業を選択してしまった。まあ自分の責任ですよね。

 

しかしネガティブなことばかりではないぞ。コミュ障なのに人と話せるようになった。コミュ障のひとつ「赤面症」がほぼ改善された。いまでは講師もやっている!笑顔で演じることができるようになった!

  

祖父もコミュ障

思えば祖父もコミュ障だったようにおもう。コミュ障は遺伝するのか!?

 

部落の飲み会など祖父は確実に不参加だった(家では晩酌している)。友達が訪ねてくるとか電話がかかってくることも一切なかった。

 

自ら強力なバリヤーを張りその中でひきこもっていた。そんな祖父にわたしはとても可愛がってもらったし、好きだった。

 

約10年前に祖父は亡くなったのだが、幸せだったらしいよ。

 

亡くなった後、部屋から祖母への「目を覆いたくなるようなラブレター」が出てきた。相当愛していたらしい。

 

祖父は引きこもって常に何かをやっていました。ある意味好きなことをやり通した人生だったんですね。

 

コミュ障の生き方

プロブロガーのイケダハヤト氏もコミュ障らしい・・・

 

同じコミュ障でも

カッコイイコミュ障だな。

 

今、コミュ障のわたしがどんな生き方をしようか考える。

 

若いころ、選んだキーワードというのは

 

「お金」「土日休み」「デスクワーク」だった。 

 

なんとも情けない。肝心の仕事内容がキーワードに入っていない。

 

もし過去の自分にアドバイスできるとしたら

お金や休みなんかは後回しで、

 

「楽しそう」「ワクワクする」「そのことを考えただけで眠れなくなる」

 

ことを一番に仕事を選んで欲しい。

 

コミュ障が向いている職種(わたしの主観です)

・職人

・研究員

・作家

・絵描き

・料理人

 

基本 一人で没頭できる仕事がいいとおもう。給与がメチャクチャ安くてもワクワクすることをしたほうがいい。

 

万が一、その仕事がハマった場合、とんでもないことが巻き起こる可能性が高い。もちろん良い意味で!コミュ障あっぱれ!

 

今度コミュ障だけで何かやろうぜ^_^

 

休日が楽しすぎて月曜日がつらい。だがそれでいい「人生振れ幅」なのだから。

f:id:atohire:20170424094054j:image

現在月曜・朝5時。いつもこの時間に目が覚める。すでに習慣?仕事への緊張感でドキドキし目が覚めてしまう。

 

本当は朝6時半くらいまで睡眠時間を確保したいのだが、脳が心の目覚まし時計を強引に鳴らす。

 

思い返せば昨日、一昨日の休日は最高に楽しかった。

 

人生振れ幅説

f:id:atohire:20170424094204j:image

人生振れ幅説・・・古時計のように、左に嫌なことの振れ幅が大きければ大きいほど、反動で右へ幸せの振れ幅が大きい。何気ないことでも大きく幸せを感じることができる。

 

 わたしは「人生振れ幅説」を強力に信仰している。

 

昨日、こんな当たり前のどうでもいいことに幸せを感じた。

・家族全員と夕食をした。

・息子と野球をした。

・桜が奇麗だった。

・布団に入って息子の寝顔を横に寝るのが幸せだった。

 

「母の人生」何が幸せなのかわからなかった。

小さいころから母は休日に「幸せだね」よく口にしていた。

 

しかし母のこんな生活の何が幸せなのかちっともわからなかった。むしろ不幸なんじゃないかとさえ思っていた。

 

朝早くから農作業、日勤の仕事、帰宅後家事この毎日のローテーション。とくに農作業では休日も削られ、わずかな休暇しかない。友達と遊ぶわけでもないし外出もしない。これといった趣味もない。こんなふうにだけはなりたくないとさえ思っていた。

 

 

母ちゃんさあ「幸せ、幸せ」って言うけど何が幸せなの?

 

 

だって幸せなんだもの。大人になったらわかるかもね笑

 

 

 

幸せは十人十色であり、決して強制されるものではない。

母親は幸せと強引に思い込んで不幸せをかき消すようにしているかと思ったのだが、どうやら違うらしい。あの方は本気で「幸せ」を感じていたようだ。

 

最近わたしも少しわかってきた気がする。平日はとても厳しいが、土日はその反動で楽しすぎる。最高だ!

 

このきっつい平日が無ければ休日の最高すぎる気持ちを味わえないのではないか?

 

人生振れ幅説を極めた人は空を見ただけで幸せを感じるらしい。道端にひっそりと咲いているタンポポを発見しただけで幸せを感じるらしい。

 

人生振れ幅説を極めし者

f:id:atohire:20170424094320j:image

母親は、わたしなんかとは比べものにならないくらい過酷な仕事をしていた。人生振れ幅の法則を当てはめると、わたしが感じている以上に母親は最強の幸せを感じていたのではないか!?

 

これ以上過酷な仕事はゴメンだが、母親が羨ましくもおもう複雑な気持ちである。

 

幸せの価値観は十人十色であり、決して強制されるものではない。小さい頃からテレビや学校で洗脳され続けたからこそ、世間の幸せとのギャップに苦しむ。

 

誰がなんと言おうと、自分が幸せならそれでいいじゃないか。

 

関連記事:明日会社に行きたくない人集まれ〜。いま欲しいのは〇〇です。 - AQOL

 

【働き方改革】ドコモ「会社と自宅での仕事を半々に」10月からスタート!こんな素晴らしい取り組みもっとシェアするべきだ!

f:id:atohire:20170422192835j:image

時代は変わっていく・・・。

今まさに旧ワークマンと新ワークマンの分岐点にいる。そんな中NTTドコモが素晴らしい取り組みを10月からスタートする。

 NTTドコモは20日、働き方改革の一環として、一日の勤務時間を分割して働くことができる「分断勤務制度」を10月から導入する方針を固めた。在宅勤務などと組み合わせて、会社と自宅で仕事を半分ずつこなすといった自由な働き方が可能になる。利用条件を設定した上で、本体を含むグループ会社の2万5000人全員を対象に導入する。

【参照記事】

www.jiji.com

 

ついに時代が動く

f:id:atohire:20170422193429j:image

ドコモの働き方改革、1日約8時間の半分が自宅で仕事ができる。なんて素晴らしいのだ。一番のメリットは家族といられる時間が増えるということだろう。

 

だいたいのサラリーマンが子供の寝る頃に帰宅し、ろくに会話もしないまま1日が終わる。子供といられる時間が2倍から3倍くらい増えるのではないか?

 

好きな音楽を聞いたり、コーヒーを飲みながらリラックスした空間で仕事ができるのは精神衛生上よさそうだ。このような働き方が普及した場合、日本の何百万人と言われる鬱病もひょっとしたら減るのではないか?大きく言うと自殺率の低下にもつながるかもしれない。

 

こういう話題はどんどんシェアすべきだ。どうせしばらくは大手企業のみしかやらないのだ。いや中小企業はやらないのではなくやれないのだ。

 

大手企業の注文や納期に追われ、なかなか自分たちの働き方をアレンジできないのが現状である。

 

いずれにせよ大手企業からでも働き方改革が広まっていくのは人類にとって大きな一歩だ。働く側だけではなく企業側のコストダウンにもつながる素晴らしい取り組みである。

 

いまだに休日出勤して会議してるの?

いまではようやく普及しはじめたウェブ会議。スカイプなどが有名だが、ドコモでも新サービスをスタートする。

オフィスと社員の自宅など複数の拠点をネットでつなぎパソコンで打ち合わせができるウェブ会議システムを売り出す。電話よりも話し声が途切れにくく、会議室に集まっているかのように議論しやすいという。

www.nikkei.com 

 

わたしの会社などいまだに土曜日の休日に隣県の支店が集結し1日中会議をしている。完全に時代に取り残された企業だ。最先端のツールを最大限活用し労働時間短縮をなぜ考えられないのだろうか・・・。本当アホやな。

 

働き方改革、企業取り組み事例

 

個人的にはLINE WORKSは素晴らしいと思う。

 

現在、仕事などで個人のLINEグループを作成し社員間で情報共有している。かなり便利だが情報漏洩など怖すぎる。

 

LINE WORKS導入でセキュリティも安心。スケジュール管理やメールなどすべてができる。現在うちの会社ではサイボウズを使っているが、LINEWORKSに変えてほしい。

line.worksmobile.com

 

それとシェアオフィス、都内数カ所あるオフィスをを取引先などに応じて場所を自由に選択できる。オフィスの賃貸料の削減に加え、社員の移動時間の削減にもなるのでメリットづくしだ。

 

時代はどんどん変わっていく・・・。

大手企業だけではなく中小企業にも波及する日を期待して・・・。

 

日本で仕事をミスしても怒られるだけ。北朝鮮では命を取られる。

f:id:atohire:20170421063817j:image

 

仕事でミスして怒られてませんか?

業績が目標に足りず怒られてませんか?

 

 

おまえみたいな無能の変わりいくらでもいるんだ!いつでも辞めていいのだからな!

 

 

も、もうしわけありません・・・。

 

 

 

 

我々は仕事を通して給与をいただいている以上、会社へ利益をもたらす努力義務がある。サボっているなどは論外だが、ある程度考えて行動したら、無責任な言い方だが「神のみぞ知る」だ。

 

怒られるって辛いですよね

上司に怒られるって本当辛いですよね。また「先々怒られ確定会議」が待っているなど、考えただけで週末さえも楽しめない。

 

結局、怒る上司の上にも上司がいて、その上には社長さんもいて株主さんなどへの業績責任の圧力がかかっているから達成できないとプレッシャーをかけるのは当然と言えば当然なのだが。

 

しかし、うちの会社のように戦略、ロジックなどの指摘はいっさいなく強力な圧力だけで仕事をさせるという古い企業体質の会社もいまだに多いだろう。

関連記事:仕事で毎日怒られる人に読んで欲しい「圧力をかけて売上アップ」時代は終わった。 

 

日本で仕事をミスしても怒られるだけ、北朝鮮では命を取られる。

日本では仕事でミスったとしても怒られるだけ・・・。北朝鮮では命を取られるんですよね。

 

北朝鮮の議員さんなどは何かヘマをやらかしたら銃殺刑。酷いときには家族までも犠牲になる。国が違うだけでここまで違うんですよね。こんな死と隣り合わせの仕事をしなければならない北朝鮮の議員さんの精神状態はどんな感じなのだろうか?考えただけで悍ましい。

 

想像してみよう。

いまの仕事でミスをしたら命だけでなく家族さえも犠牲になることを。

 

とてつもない圧力の中で任務の成功だけが自らの命と家族をもつなぐ架け橋となることを・・・。

 

 

はい銃殺刑。おまえら家族も終わりだ。消えろ!

 

 

ひえええええ。

 

 

 

わたしたちは日本に生まれたことを少しだけ感謝していいのかもしれない。

 

日本では100%命までは取られないから。

 

 

【関連記事】

www.atohire.com

国よ、厚生労働省よ、派遣業界を終わらせたいなら早よして。新派遣法やることが多すぎて派遣会社がブラック化!?

派遣法が2015年9月30日に改訂され1年半以上が過ぎた。

新派遣法:派遣社員必見!労働者派遣法をやさしく解説【派遣法まとめ】 |はたらこねっと

 

新派遣法はクソ

f:id:atohire:20170420055940j:image

新派遣法は非正規社員比率を下げるべく、派遣先へ直接雇用を促すための法律だ。入り口は派遣だがその先に正社員雇用が待っているならば素晴らしい法律だ。

 

しかし現状はどうだろうか?早い人であと1年半で個人単位の抵触日を迎えるが、その先に本当に正社員が待っているのだろうか?正社員登用は派遣先の努力義務程度に抑えられ強制力は乏しい。

 

これだけでも新派遣法はクソだということがわかる。

 

問題はそれだけではない。派遣会社も新派遣法の対応で大幅なコスト増や膨大な労力がかかり大変らしい。新派遣法を忠実に守り対応する派遣会社と地場業者など規模の小さい派遣会社は対応が全くできず二極化。

 

また派遣法を忠実に守る派遣会社・社員はあまりにも膨大すぎる業務量に悲鳴をあげる。政府は働き方改革と称して、長時間労働の抑制など力を入れているが、これでは長時間労働を強いられているようなもの。毎日朝7時前には出社、帰りは深夜を超えることもあるらしい。派遣営業マンの出勤簿はほぼ偽装ときく。

 

新派遣法、なかでもキャリアアップについての対応がきつい。

 

派遣労働者のキャリアアップ推進

f:id:atohire:20170420055738j:image

キャリアアップ推進とは

派遣労働者は、正規雇用労働者に比べ、職業能力形成の機会が乏しいという現状を踏まえ、今回の改正法では、
派遣労働者のキャリアアップ支援が初めて義務付けられました。

参照:vol.9「派遣労働者のキャリアアップ推進」2015年派遣法改正10のポイント |はたらこねっと

 

派遣スタッフ1人あたり年間8時間以上のキャリアアップを目的とした職業訓練の場を有償で設けなければならない。

 

休日の土曜日などを使って一斉に集まってもらい1回で済ませればいいと思うかもしれないが、派遣先の休日は交代制やシフト制のところも多いため1回でやってしまうのは難しい。個々に教育スケジュールを組まなくてはならない。

 

月に何度も土曜日を削り、出勤している派遣営業マンもいる。派遣スタッフが深夜専属勤務ならば夜中に出勤して対応する人もいる。

 

新派遣法が施行され派遣会社営業マンの時間外対応が大幅に増え休日も減らされている。派遣スタッフ自身も日々の業務でヘトヘトのなか眠い目をこすりながら受講している方も。本当に受講したい派遣スタッフはいったい何人いるのだろうか?体感だが1%以下だとおもう。

 

派遣業界を終わらせたいなら早よして

労働契約法で勤務5年で無期契約への移行や新派遣法の雇用安定措置など派遣会社は派遣スタッフを維持するコストが大幅に増える。

 

このキャリアアップでも人件費・教材費・派遣スタッフの時間外手当など相当なコストを負担している。もはやまともに対応していたら派遣会社は経営できなくなりどんどん倒産していくだろう。体力のない派遣会社は最悪、派遣社員への給与遅延なども危惧される。

 

それでも今期から労働局はこのキャリアップその他も含め対応できていない派遣会社は是正の対象としていくらしい。取り締まりを強化して、国・厚生労働省は派遣を終わらせたいの?どっちなの?

 

悪徳派遣業者を排除する狙いもあるだろうが、新派遣法100%の対応は大手でもキツイとおもう。

 

派遣業界を終わらせたいなら蛇の生殺しみたいなことをしないで早く終わらせてほしい。そのうち自殺者がでますよ。

 

 【関連記事】

www.atohire.com

人は考えてもしょうがないことをなぜ考えるの?「考えないスキル」

f:id:atohire:20170418150807j:image

 

楽しいことは思う存分考えもいいと思う。だって楽しいもの。しかし会社のこと、人間関係のこと、憂鬱になるようなことをエンドレスに考え続けるとい体調に異変をきたします。

 

考えてもしょうがないのに何故考えるのか?

考えてもしょうがないのに考えてしまうのは「自己防衛本能」のひとつなのかな。この一言で片付けられたと思われがちだが、この「自己防衛本能」が邪魔なときもある。

 

たとえば

 

今日は大嫌いな上司との営業同行・・・憂鬱だな。どうしよう、どうしよう・・・。

 

 

来週の新規事業立ち上げ、失敗したらどうしよう。不安だなあ。眠れないよお・・・。

 

 

今日は日曜日。あっという間に夜になった・・・。明日の仕事が憂鬱だよ。不安だよ・・・。 

 

 

 

 

 

全く考えないのも問題だが、ある程度考えたら思考を止めなくてはならない。ここから先はネガティブ地獄。ネガティブの先は不眠や鬱状態が懸念される。

 

脳は自己防衛本能を発動し勝手にネガティブの方に誘導していく。そんな脳に・・・本能に一石を投じたい。

 

考えないスキル

f:id:atohire:20170419062523j:image

これからの時代は「心の時代」と言われており、わたしたちの脳は時代とともにどんどん繊細になっている。フィルターがザルすぎて心に突き刺さる。本当に痛い・・・痛すぎる。

 

これからは「考えないスキル」というのが大事だと思う。とは言え脳は勝手に誘導していく。ではどうしたらよいだろうか?

 

簡単に言えば不安をごまかしていくしかない。強引に思考をそっちにもっていく。それも重要なスキルである。

 

好きな映画をみるのもよし、ブログを書くのもよし、ゲームをするのもよし、外食をするのもよし。

 

一見逃げるような感じだが避難なのである。戦争で爆撃が起こったら防空壕に避難しなければならないと一緒である。避難しましょう。

 

一番のオススメは「夜のランニングor歩く」である。大好きな音楽を聴きながら歩くのみ。適度に疲れたあとはお風呂に入り布団へ直行する。メチャクチャ眠れます。

 

経験上、不安の9割以上は無駄。不安なことは起こらなかった。

 

悩んでもしょうがない。

100%時間が解決してくれる。

 

 

憂鬱な朝でも

 

【関連記事】

www.atohire.com

甲子園いつかなくなる!?野球界何かを変えたい4つのこと。野球人口激減・・・マジでやばいよ。

f:id:atohire:20170416065137j:image

 時代は相当なスピードで進んでいる。数十年前のポケベルからいまやiPhoneである。iPhoneさえあれば仕事も遊びもなんでもできてしまう時代になった。

 

野球界はどうだろうか?なにか変化はあっただろうか?時代は猛烈なスピードで移り変わっているのに野球界は目新しいものはなにもない。しいていえば二刀流こと大谷翔平が楽しみなぐらいだ。

 

野球を始める子供がいない

小学生からの野球離れが深刻だ。子供の野球離れというより親がさせないだけなのである。時代もうつりかわり、自分自身のリア充を求める親が増えた。しかしこれは決して悪いことではない。当然のことである。

【関連記事】

【野球人口減少問題】子供の野球離れではなく、親がさせないだけ。ではどうしたらいいのだろうか? - AQOL

 

お茶当番、練習の準備、送迎、ライン引き、グラウンド整備、審判など親の負担は半端でない。入部する際は「親はこなくていいから」と甘い言葉で誘われるがいざ入ると「あの家は来ない」など陰口を叩かれるのも珍しくない。こんなことでは野球をする子供が本当にいなくなる。 

 

高校野球の参加学校数が激減

f:id:atohire:20170416055951j:image

参照:地方大会参加校数|第88回全国高等学校野球選手権大会|公益財団法人日本高等学校野球連盟

 

高校野球地方大会参加校だが、2016年は4112校。昨年比で−25校とのこと。1チーム18名として約450人の球児が減っていることになる。サンプルは少ないが、この勢いで減っていくと10年後には−250校、約4500人の球児が減る計算だ。20年後にはどうだろうか?考えただけでゾッとする。大好きな高校野球・甲子園が見られなくなる可能性も出てきた。

 

 

甲子園も無くなる!?野球人口は激減

f:id:atohire:20170416060337j:image

参照:日本人は「人口急減の恐怖」を知らなすぎる | TKO木本の「基礎から知りたい」 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

2060年日本人口は8674万人。この少子化問題は深刻である。

 

2016年の高校野球球児の人数は約16万人。日本人口の約0.13%が高校球児である計算。2060年・人口8674万人の0.13%とは・・・。いやいやこの計算は甘い。少子化で50年後には2.5人に1人が65歳以上と言われる。もっともっと減っていくはず。

 

野球人口減少を少しでも食い止めるための4つのご提案

f:id:atohire:20170416065150j:image

もはや少子化・人口減少についてはどうしようもない。

 

野球界は劇的に変わらなければならないフェーズにきたと思う。相当危機感を持ったほうがいい。数十年後甲子園運営さえ危ない。甲子園は球児の夢である。夢がなくなったら追い打ちをかけるように野球人口がへっていき、野球さえ無くなるのではないか。そんな中少しでも食い止めるために・・・。

 

・親の負担を無くす

お金がかかってもいいから監督やコーチを外部に委託する。

定年を迎えられた方々など野球に携わりたいかたも多いはず。準備・送迎・様々なことをお願いしましょう。わたしだったら少しくらい金銭面的な負担が増えても自分の時間を大切にしたい。親のリア充を尊重しましょう。

 

・ネットなど野球を見られる機会を増やす

プロ野球中継がテレビで放送されなくなった今、子供たちがプロ野球に触れる機会が減った。BSテレビやネットのパリーグテレビなどはあるものの若干なりともお金がかかる。プロ野球界は放映権などケチ臭いことを言わないで無料で解放するべきだ。まわりまわってかえってくるはず。損して得するの精神でお願いしたい。グッズ収入などそちらで儲けてください。

 

・魅力あるチーム作り

たとえば楽天は東北にちなんだ選手しかとらないとか、そうすると地元密着度が急激にあがると思う。地元の子供たちは楽天に入ろうと頑張るでしょう。現在、プロ野球チームに好きな球団はないが、そうなったら120%応援するだろう。

 

東北のリトル・シニア・高校野球と活躍した子供たちが楽天に集結する。東北のオールスターみたいな感じ。野球は歴史である。選手個人の歴史を知っていればより楽しめる。

 

・サッカー天皇杯のような大会

これは斬新だ!サッカー天皇杯のような、プロ野球チームはもちろんのこと、中学シニアチャンピオンチーム、高校野球チャンピオンチーム、大学チャンピオンチーム、四国アイランドチームなども交え、負けたら終わりのトーナメントを行う。

 

こんな波乱もあるかも。

高校生の最高到達点?…天皇杯で横浜FMを追い込んだ市立船橋イレブンの今 | サッカーキング

 

わくわくしませんか?

 

まとめ

現在、小学生の野球に携わっているから身をもってわかる。

小学生の野球離れマジでヤバいです。来年などチームの存続すら危うい。うちのチームだけではない、他のチームも同じような状況である。

 

野球界はあぐらを書いてないで危機感をもって新しいことをしていきましょうよ!野球が好きだからこそ、愛しているからこそです。